市川市の動物病院 猫の病気:膀胱炎について その2

query_builder 2022/04/02
ネコ
さばちゃんおしっこ中

あいす動物病院の高橋です。


今回は猫の膀胱炎の実例紹介をしたいと思います。

というのも、我が家の家猫のさばおくん(およそ7歳くらい)が初めて膀胱炎になりました。


おそらくですが、そのきっかけは愛用していたベッドが人間からするとだいぶ汚くなっていたので、買い替えするために数日間普段寝ているところにベッドなしでタオルを敷いておきました。

もしかするとここ最近の寒暖差や変わり目の季節であることから、たまたま膀胱炎を起こしただけかもしれません。

買い替えたベッドが届き、寝ているところへ敷いてあげるとあら不思議、全然血尿ではなくなりました。(特に飲み薬は飲ませていません)

猫って本当に不思議な生き物です。

まだまだ、自分も飼い主として未熟でわからないことばかりですが、少しでも猫の気持ちに寄り添った生活環境作りや病気の治療をしていけたらと思う出来事でした。


当院では猫の通院や治療に配慮した環境づくりを心がけています。

連れてくるのが難しい場合なども、一度お電話でご相談頂ければと思います。

----------------------------------------------------------------------

あいす動物病院

住所:千葉県市川市南八幡2-16-14

電話番号:047-702-5797

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG